一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

カテゴリ:カメの絵( 99 )

標本画の制作時間

タカです。

一枚の標本画は完成するまでにどれくらい時間がかかりますか?と質問いただきました。

僕が描いている標本画は油絵の具を使用しています。

絵の具の乾燥、という面からお話ししますが、
例えば水彩絵の具でしたら絵の具に含まれる水分が蒸発してしまえば乾燥します。
しかし油絵の具は絵の具が酸素と化学反応をして固まります。
それには時間がかかり、絵を描いている時間より乾燥時間の方が長くなります。
b0312992_12261190.jpeg
一度キャンバスに絵の具をのせると次に加筆できるのが乾燥促進剤を使用しても夏場で20時間後、冬場で50時間くらいかかります。

絵の具が乾かないうちにまた上から絵の具を塗ると下の層と混ざり合いグチャグチャになってしまいます。
(これを活用した技法もありますが)
b0312992_12260138.jpeg
この乾燥時間を踏まえて、一枚を集中して仕上げたとして大体15〜20日位の日数で完成します。
b0312992_12255467.jpeg
現在は同時に13枚描いています。
とは言え、冬場は乾燥待ちの時間が長いのでこのくらいの枚数同時に制作して程よくローテーションで加筆できます。



☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2017-01-21 12:30 | カメの絵 | Comments(0)

モチーフが良い!

タカです。

現在、製作中の標本画制作はノコヘリカブトガメ、ミツユビハコガメ、アダンソンハコヨコクビガメなどいくつか新作を製作中です。

ノコヘリカブトガメは…ヤバイですね。
頭のカブト、たくましい腕、クビのスパイク、
ノコヘリなシルエット、そのノコヘリ感をブーストするかの様な鋭いベクトルを持った放射ライン。
カッコ良さの要素が満載なカメです。
b0312992_05324519.jpeg
これはどう描いてもクールになりそうです。

仕上がりが楽しみです。


☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2017-01-15 13:30 | カメの絵 | Comments(0)

日本石亀 標本 追加制作

タカです。

昨日に引き続き、新しい標本画をアート標本のサイトにアップしました。

ニホンイシガメです。
b0312992_14182308.jpeg
b0312992_14185754.jpeg
b0312992_14192343.jpeg
b0312992_14195602.jpeg
鬼灯の様な色合いというか…
想っていたイメージを上手く表現できたと思います。



☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2017-01-11 14:25 | カメの絵 | Comments(0)

標本画「 bog turtle 」

タカです。

昨年11月にカナダ在住の方からbog turtleというカメの標本画制作を頼まれました。

「bog turtle」は日本名で「ミューレンバーグイシガメ」です。

あのモリイシガメと同じGlyptemys 属に位置するカメです。

ミューレンバーグイシガメはワシントン条約(CITES I)により厳重に守られ、アメリカ国内でCB個体が流通するだけのカメのようです。
数十年前は日本でも見ることができたようですが、その生き残りは果たしているのか?と言ったまさに幻のイシガメですね。


今回依頼人のカナダ人の方のお友達がミューレンバーグイシガメを飼育されているとの事で実際に写真を頂きそれを参考に制作しました。

ミューレンバーグイシガメはオスが最大甲長11㎝で、メスは最大甲長9.6㎝との事で、標準サイズだと7〜9㎝でフルアダルトと言う非常に小さいカメとの事です。

今回のモデルはメス個体です。
b0312992_10573539.jpeg
このように背甲に花柄模様がくっきり出ているのは非常に稀でかなりハイグレードな個体のようです。

個人的には過去にネットで数枚の写真を「見かけた」事しかないカメでしたから制作ではかなりの枚数失敗しました。

8枚制作して心から納得したのは4枚でした。
うち2枚はカナダに送ります。
b0312992_10580756.jpeg
今回アート標本のサイトには残りの2枚をアップしました。

宜しければご覧ください。





☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2017-01-10 11:06 | カメの絵 | Comments(2)

年の瀬 買い出し

タカです。

年末ですね。
外はどこも人でごった返していますが、そんな中今日は標本画の画材の買い出しに行ってきました。

写真はキャンバスです。
b0312992_12305000.png
春までにとにかく沢山描きたいので大量に購入しました。
b0312992_12311630.png
今キャンバスはこの2サイズをメインで使っています。
b0312992_12312539.jpeg
左は平均甲長12㎝以下のカメを、右は12〜25㎝大のカメを描きます。

標本画は基本的に実物大、もしくは若干小さめにカメを描写しています。

この2サイズより大きいサイズになると、例えば甲長30㎝以上になるジャイマスやマタマタ、カラグール、スッポンなどになります。

いつかワニガメを描けるまでになる日を目標に頑張りたいです。


☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2016-12-27 12:33 | カメの絵 | Comments(0)

DBTラバーズ

タカです。

先日中国の方からインスタグラムのダイレクトメッセージよりダイヤモンドバックテラピンの標本画が欲しいとメッセージをいただきました。
そして今現在ある全てのテラピンの標本画を送る事になりました。
b0312992_10595838.jpeg
標本画もテラピンは特に多く制作し、今までに10枚以上は描きました。

ダイヤモンドバックテラピンの愛好家の方々は世界中に沢山いますが、
それは単なる人気でもなくファンでもなく「恋人」のレベルだと感じる場合もあります。

またその中国の方が飼われているオルナータが非常に神秘的な光を放っていました。

僕も最近では、特にオルナータの美しさに強烈に惹かれ始めています。
フラワーバックやブラックバックイエローブロッヂの甲の美しさ、透き通る白やピンクの肌、吸い込まれるような黒い瞳は神々しいまでのオーラを放っています。

ただ、僕には到底手が届かないだろうと思います。
美個体が欲しいからと言って簡単に手に入るものではありませんからね。

ですから、美しいテラピンをお持ちのオーナーの方々は人生をかけた非常に大きな努力をされてきたのだろうと感ています。


☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2016-12-26 11:23 | カメの絵 | Comments(2)
タカです。

昨日のブログで北米カミツキガメを観れる場所の情報をお知らせくださった方々、ありがとうございます。

もう20年以上前にカミツキガメを一度だけ観たことがありました。
当時はもちろん標本画など描いてはいませんでしたし、ただ珍しいものを見る感覚でしたので改めて今カミツキガメを観てみたいと思いました。

カミツキガメでも何亜種かいますのでまたその亜種の違いを観察するのも面白いです。

亜種による外見の違いは、分かりやすい種と見分けにくい種がいますが、やはりそこは実際に触れ合った、観た、ことがあるかどうかだと思いました。

ナガクビでは、ロンギコリスとマッコードなどは始めは全く見分けられませんでした^^;

小学生の頃、同級生に一卵性双生児のよしえちゃんととしえちゃんという双子の女の子がいました。
顔はほぼ同じで始めは見分けられないほどです。

でも慣れてくると徐々に違いが分かり始めました。

顔も、動きも
微妙に違うんです。

よしえちゃんととしえちゃん、今では両方とも結婚しているでしょうが、それぞれの旦那さんはよしえちゃんととしえちゃんが入れ替わったらすぐに気付くはずですよね^^;



☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2016-12-25 16:25 | カメの絵 | Comments(0)
タカです。

今年最後の新作でフロリダハコガメが完成しました。
b0312992_12032261.png
b0312992_12034801.png
アダルトのフロリダハコガメは甲に独特な高さやボリュームがあるのでその量感を表現できればと思いました。

アート標本のサイトにアップしてあります。


そして来年の話ですが、まず
ノコヘリカブトガメ、
ミツユビハコガメ、
北米カミツキガメ、
アダンソンとトゥルカナのハコヨコを新作として年初めより順次描いていきます。

話は変わりますが、東京都で北米カミツキガメを見れる水族館や動物園、その他施設をご存知の方、是非とも情報いただけたらと思います。

北米でなくとも別亜種でも構いません。

1番可能性のあった夢見ヶ崎動物公園に問い合わせした所現在展示を中止しているとの事でした。



☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2016-12-24 12:07 | カメの絵 | Comments(2)

オリエンタル ゴールド

タカです。

ニホンイシガメを制作中です。
b0312992_14243445.jpeg
ニホンイシガメの色彩はバリエーション豊かです。
地味で渋い色合いから目も眩むような黄金の個体まで。

今回は派手派手なトウブハコガメに勝るとも劣らないような黄金のニホンイシガメにしたいと思っています。

アート(表現)は自由自在ですからね。



☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2016-12-19 14:26 | カメの絵 | Comments(0)

フロハコ 制作動画

タカです。

今年ラストの新作標本、フロリダハコガメの柄を描き込んでいる動画を撮りました。

iPhone6のタイムラプスで撮影しているので20秒程に短縮されてますが実際は50分制作しています。


☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2016-12-14 08:50 | カメの絵 | Comments(0)