一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

標本画の下絵

こちらは標本画の下絵です。
b0312992_13252889.jpeg
標本画はこの下絵を作るところから始まります。
この出来具合いが良いと制作がスムーズになります。

人物画を描いていた頃はキャンバスに直接大雑把に下絵を描き、そして良い形を探りながら絵の具を塗ったり、盛ったり、削ったり…と言う感じでしたが、カメの場合はそのフォルムがシンメトリックなだけに形の狂いが露骨になります。

ですから初めから形を明確にそしてシビアに進めるために紙に下絵をしっかり描き、これをゆっくり丁寧にキャンバスに描き写していくやり方をしています。

これはアダンソンハコヨコクビガメです。
b0312992_13245786.jpeg

これはトゥルカナハコヨコクビガメです。
b0312992_13250652.jpeg
この2種のフォルムの微妙な差も線や形を描き出しから完成までシビアに見なければ同じカメになってしまいます。


こちらはロンギコリスことオーストラリアナガクビガメです。
b0312992_13251315.jpeg
ロンギコリスは顔が特徴的で鷲や鷹の様なストイックで精悍な顔立ちをしています。
b0312992_13252084.jpeg
その特徴をほんの少しだけ強調しデフォルメしています。
このデフォルメ具合も下絵の段階で決めておくと絵の具の描写に入っても上手くいきます。

油絵の具はコントロールが難しいだけにこの下絵という「ガイドライン」がかなり重要になります。



☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2017-02-04 13:28 | カメの絵