一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

DBTラバーズ

タカです。

先日中国の方からインスタグラムのダイレクトメッセージよりダイヤモンドバックテラピンの標本画が欲しいとメッセージをいただきました。
そして今現在ある全てのテラピンの標本画を送る事になりました。
b0312992_10595838.jpeg
標本画もテラピンは特に多く制作し、今までに10枚以上は描きました。

ダイヤモンドバックテラピンの愛好家の方々は世界中に沢山いますが、
それは単なる人気でもなくファンでもなく「恋人」のレベルだと感じる場合もあります。

またその中国の方が飼われているオルナータが非常に神秘的な光を放っていました。

僕も最近では、特にオルナータの美しさに強烈に惹かれ始めています。
フラワーバックやブラックバックイエローブロッヂの甲の美しさ、透き通る白やピンクの肌、吸い込まれるような黒い瞳は神々しいまでのオーラを放っています。

ただ、僕には到底手が届かないだろうと思います。
美個体が欲しいからと言って簡単に手に入るものではありませんからね。

ですから、美しいテラピンをお持ちのオーナーの方々は人生をかけた非常に大きな努力をされてきたのだろうと感ています。


☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2016-12-26 11:23 | カメの絵 | Comments(2)
Commented by walkinaclub at 2016-12-27 08:08
おはようございます(^^♪

フロリダといいDBTといい素晴らしい作品で
是非僕も直接拝見させて頂きたいです
そしていつかお気に入りをお譲り頂きたいと思っています

DBT、僕も数頭飼育してきました
道が定まったのでもう浮気しないつもりですが
DBTについては常にそう思いつつ迎えてきてしまいました
タカさんがおっしゃるように本当に彼らを愛する人が
手によりをかけて育て、愛で続けるのが
ふさわしい極めて魅力的な種だと思います(^^♪
Commented by karinkarin610 at 2016-12-27 12:41
わきんなますた〜さん

タカです。

ありがとうございます^ ^

テラピンに関してはこれ一本に定めて飼育されている方を良く見ます。

それだけ奥が深い種なんだと感じました。