一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

12月 大掃除&水換え

タカです。

本日は月1の大掃除&水換えの日でした。
今日は大型水槽のみやりました。

大型水槽という事で中に居るカメも大きめのカメになるわけですが、甲長20㎝を超えるカメはそれなりに扱いに注意しなくてはなりません。

「注意」には色んなケースがあり、例えばナガクビガメのジーベンなどは水から出す際に長い首を左右にブンブン振って暴れます。

以前これでうちのサーリプッタは頭部を水槽の縁に強打しています。

それからこの子を水から出す時は首をロックします。
右手で下半身を掴み、左手で首をロックします。
b0312992_15450288.jpeg
b0312992_15451112.jpeg
b0312992_15452091.jpeg
b0312992_15452932.jpeg
こんな感じです。


また別の注意として「引っ掻き」があります。
ニシキマゲクビガメのコミは爪が鋭く四肢の力も強いのでまともに引っ掻かれると流血します。
b0312992_15434464.jpeg
b0312992_15470853.jpeg
持ち方はそれなりに工夫しています。


そして「嚙みつき」にも注意します。
うちはアカミミガメが3頭いますが、内2頭はとても警戒心が強いので噛み付いてきます。
b0312992_15435892.jpeg
まだこの子等には噛まれた事はありませんが、やられた場合は指の先端が無くなってしまうかもしれませんね。

ちなみに、この子たちは凶暴なのではなく臆病なのだと思います。

うちにはまだ甲長25㎝以上のカメは居ませんが、さらに大型のスッポンやワニガメなど飼われている飼育者さんはもっと注意する事が沢山あるのでしょうね。



☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村た

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2016-12-01 15:53 | | Comments(0)