一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

新作 オルナータDBT 完成

タカです。

オルナータダイヤモンドバックテラピンの標本画が完成しました。

今回、オルナータDBTの中でも「フラワーバック」と呼ばれるこの亜種のカラーが強烈に現れた非常に特徴的な個体をテーマに制作しました。
b0312992_06473192.jpeg
背甲はまるでヒマワリが咲き乱れた様で、頭部はノーマルでありながら真っ白。
その皮膚の下からはピンクやブルーが浮き上がるというエクストリームなカメです。
b0312992_06474937.jpeg
とは言え、この様な個体はそうそういるものではなく、当然僕は現物を目の前にした事はなく、写真で数回見たことがある程度でした。

そこで実際にこのフラワーバック個体を所有され、ネット上で情報配信をされている「J's DBT Network」の管理人様にご協力をお願いしました。

急な申し出にも関わらず快く引き受けてくださいました。
そして貴重な資料、情報をいただき、気合十分で制作に取り掛かりました。
b0312992_06474135.png
とても良い緊張感で制作できました。

レプタイル アート標本にアップしてありますのでご覧ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
製作にご協力頂いたJ's DBT Network管理人様に心より感謝申し上げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆ランキング参加中です。下のバナーをクリックして投票お願いします。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

☆当ブログ管理人タカ製作のカメの油絵標本サイトです。
img_20160403-131500.jpg

[PR]
by karinkarin610 | 2016-08-13 08:44 | カメの絵 | Comments(2)
Commented by 元老院(改) at 2016-08-14 11:42 x
タカ様

すごいカメ様ですねぇ

いつかタカ様のファミリーに迎え入れると良いですねぇ(笑)

タカ様には失礼ですが、タカ様の作品を見て興味がでました。

ダイヤモンドバックテラビンはその名前も印象的なのでフェアーで見たことあります。

でも、印象が薄いのです。タカ様の作品みたいにひまわりのように咲き誇っているのなら私も覚えているのですが、確かベイビーだったから覚えてないのでしょうか?

タカ様、そろそろ個展なんていかがですか?
ぜひ、タカ様の作品の実物をみてみたいです。

そして、個展に出品するか分かりませんが、『愛しのテラ』も楽しみです。

さて、話は変わりますが、最近、大変な事に気がつきました。

タカ様はうちのカメ事情はお詳しいのでもしかしたら気づいているかもしれませんが、うちのあーとがー・・・。

テラさんに追いつきそうな大きさです。(汗)

そもそも、テラさんも大きいのに・・・。

トウブハコガメってそんなに大きくなるんでしたっけ?

まだ甲羅はヤング期の色なのに?

これ以上大きくなったらとうしよう。(悩)

餌の食べる量もテラさんの三倍位食べるし、好き嫌いがまるで無い。

ルナぴょんも、いきなり大きくなりはじめてるし、ルナぴょん誰に似たのか、裏返し大好きカメになってしまいました。
そもそも背泳ぎが好きなのです。
というか、甲高だと背泳ぎ傾向なのかな?

元老院(改)が居ると、起こしてくれるまで元にもどりませんが、餌を置くと速攻で起きあがります。

誰に似たんだか。

今日は涼しいので、みなさまシェルターでお休み。

暑くても涼しくても寒くても、食欲だけは変わりません。

元老院(改)は夏ばてで激やせしてますのに
Commented by karinkarin610 at 2016-08-14 23:44
元老院さん

激やせ 大丈夫ですか?^^;
タカです。

はい、すごいカメです。

このフラワーバックは一つのモルフだと思っていたのですが、違うみたいで、固定化されたものではないのでこの様な個体を飼育されてる方はかなり稀なのだとおもいます。

トウブハコガメはカロリナの中では大きい方ですのでもしかしたら甲長20㎝近くまでいっちゃうかもしれませんよ?^^;

しかしよく食べますね、うちのカリンに見習ってほしいです。

個展ですが、2018年内を目処に制作していきます。
もちろんあの構図も描きますよ。

その前に標本画だけでもイベントに出れたらと考えています^^