一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

石ベビーの変化

昨年夏に孵化したニホンイシガメのベビーのマルが配合を急に食べなくなりました。

見ての通り生まれつきいびつな形をしています。
b0312992_15223106.jpeg
b0312992_15224053.jpeg
b0312992_15224964.jpeg
名前の通りまん丸の体型です。
背骨に発達異常があるのか椎甲板の成長が遅いので他とのバランスが悪いです。

配合を急に食べなくなったので、鶏のレバーを与えると良く食べてくれました。

エサをあげる時に思う事があります。
もちろん食べれば成長します。
どうかこの先変化していく甲羅の形が内臓に影響しない程度であってほしいです。

そして、できれば10センチくらいで成長の止まるオスであって欲しいです。

【ベビー】【コンディション】


ブログ村のカメランキングに参加してます。
よろしければしたのバナーをクリックして投票してください^^


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
[PR]
by karinkarin610 | 2016-01-17 15:28 | ニホンイシガメ | Comments(7)
Commented by 元老院(改) at 2016-01-18 14:01 x
タカ様

マル様、大きくなりましたねぇ

尻尾も綺麗で(笑)

ベイビーの頃は急に食べなくなることも多いようです。

ただ過去の事例や素人療法は事故のもとですので、確率的に高いという条件と安全性が高いというのもとで考えますと、1番は医者、2番、3番を抜かして4番目には、水不足が考えられます。
ベイビーの頃は、水に頼る部分が多く消化なども水分に頼る事が多いようです。

しかしながら、これは元老院(改)の経験則なのですが、ベイビーは水の匂いを嗅ぎ分けるのではなく、どうやら泥の匂いを嗅ぎ分けているようです。

この話は、長くなるのでまたの機会に

もしかしたら、マル様は水分不足かも?
配合を口にしなくなる原因は胃腸に於いて分泌液の濃度が高いか?少ないか?
そのため配合の消化が遅れているか?
もしタカ様に時間的余裕がありマル様も元気なら温浴して遊んであげるのも良いかもです。
ただ寒いので気化熱により風邪を引くことが心配ですが・・・。
あと、甲羅の発達にも温浴は良いようですし

温浴は、あくまでも外的要因(高確率)からの予想なので、内的要因(医学的根拠)はありませんので、そこは十分注意してください。

PS

キング様、閻魔コオロギを越えてゴキブリサイズになってきました。
そして、ガッチャンのところから、またキング二世が誕生しそうです。
なぜか、ガッチャンところから一匹は生まれてしまうんですよねぇ(笑)
Commented by karinkarin610 at 2016-01-18 22:44
元老院さん

タカです。

もしかしたらそうかもしれませんね。
水カビ病対策として孵化してからずっとヤマガメのようなセッティングで飼育してきました。

水場はあるものの、水飼いのカメに比べたら水分不足という事も考えられますね。

温浴、やってみます。

キング2世が誕生ですか!
キング、全長5センチくらいあるのでは?
Commented by 元老院(改) at 2016-01-19 00:04 x
マル様は、他のベイビーのペースメーカーになるかもしれませんね。
ショップは日本石亀のベイビーは浮き島仕様ですね。
ただ、水飼いも溺れる可能性があるので100%安全とは言えませんよねぇ

特にマルちゃんは、甲羅を柔軟にするという課題というか命題があるし・・・。

私も休みの日にマルちゃんの甲羅に関して色々調べましたら、陸ガメに於いてはボコ甲という甲羅にわざとする飼育方法があるようです。
それを逆説的に考えると、内蔵と甲羅の関係は、それほど重要でない気もします。
甲ズレ、多甲板、ツメカケ、尾ギレ、甲かけの類は治りませんが、過去のデータからですと奇形ですが寿命にそう違いはないようです。
それどころか、多甲板は他のより高価な事もあるようです。
アルビノ種みたいに珍しいものみたいな扱いなのかな?

インキュベータで卵を管理する以外はカメ様の場合、ある程度は仕方無いようです。

マルちゃんは、もしかしたら他のカメ様達に感じられない行動や知恵が宿るかもしれませんね。

温浴は、マルちゃんだけでなく他のベイビー達も平等にね(笑)

キング様は4センチです。
コオロギってどのくらい生きるのかな?
暖かくなったら野生に帰してあげようと思います。

Commented by karinkarin610 at 2016-01-19 14:19
元老院さん

タカです。

色々ありがとうございます。
少し安心しました。

一度医者にも診てもらおうと思っています。

コオロギはたしか、孵化してから3,4ヶ月じゃなかったかと思います。
Commented by 元老院(改) at 2016-01-19 23:55 x
そうそう、また重要なこと書くの忘れてしまいました。

マルちゃんは真ん丸なだけに、内蔵の収まる容積は例え頂点が凹んでいるとしても横に広いので、収まっているのでは?

マルちゃんは皆の先輩なので一際、気にかかってしまいます。(笑)
Commented by karinkarin610 at 2016-01-20 15:08
元老院さん

タカです。

確かに、そうかもしれませんね。

ただ、あまり大きくはならないで欲しい気がします。

Commented by 元老院(改) at 2016-01-22 01:01 x
甲羅に関しましては、テラさんで苦労しました。

欠けていたり、削れていたりモルタルがくっついて固まってたり、えぐれるような大きな傷が有ったり、タカ様には言えなかったのですが、鱗も動く珍しいと思った(実際は鱗ではなくビッシリ小さなヒルがくっついていた)目はうつろでボンヤリしてました。
今では、Tファィターみたいな輝きはありませんが、ミレニアムファルコンのような渋さがあります。

何故かジャイミルを与えはじめてから甲羅の修復は早かった普通のミルワームより甲羅に変わる成分が多いのかも?

マルちゃんも己の甲羅は個性でありスタンダードだと思っているかもしれませんし、丸い甲羅は自慢の甲羅かもしれめせんね

進化の過程で奇形がスタンダードで淘汰に勝ち残る事は珍しくありませんし(笑)