一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

冬眠 頑張って

いよいよ今年も残すところあと数日となりました。
この時期までくると朝晩は流石に肌を刺激する程の寒さになります。

今朝日の出前の気温は-2度

現在は正午で7度です。

さっき冬眠中のイシガメの様子をチェックしてきましたらオスはみんな起きてました。
b0312992_12035704.jpeg
b0312992_12041931.jpeg
メスはジッとして動きはありませんでした。

水温は7度ありました。

今年は初冬眠のモミジ♂がいるのでマメにチェックしようと思います。

【温度】

亀ブログのランキングに参加しています。
よければ下のバナーをクリックしてください。
ランキング投票されます。


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
[PR]
by karinkarin610 | 2015-12-28 12:09 | ニホンイシガメ | Comments(6)
Commented by 元老院(改) at 2015-12-28 22:56 x
日本石亀の甲羅の色って、艶やかで美しいですよねぇ。
見とれてしまいます。

本日、行き付けのショップに行きピンクマウスのSSを買ってきました(10匹600円位税込み)。

サルヴィンさん売れて居なくなってました。

ジャイマス、サルヴィン、ハラガケで一番売れ残るのはサルヴィンと言ってたのに・・・。
ショップのは、どことなくボンボン様に似ていたので、寂しいこと限りなしです。

そうそう、タカ様のジャイマス様タッチアップに間に合って良かったっていってました。

配合やハツやレバーでも育つことは育つのですが、大きくなったときに幼いときにピンキーや生き餌をあげたかあげてないか見ればすぐにわかるようです。
あと、ナマズ用の配合でも三種類あって肉食にはビックキャットがやや高いけど食い付きが良いようです。
たまたま安売りしていたので買ってしまいましたが、うちは何でも食べるので関係ないかな?

ジャイマス様はまだ、小さいから方から
いまはピンク(ピンキー)でもいいですが
すぐに大きくなるようで
マウスも
ピンクのLでも足りなくなったら
ファジー
ホッパー
アダルト&リタイア
と変えていくとよいです。
よいというか、割安です。
ファジーは少し毛が生えてきたあたり
ホッパーは動き回れる子ネズミ
アダルトは大人のネズミで、アダルトの中でもリタイアは繁殖等に使用した後のネズミになります
またラットも同じ命名で区別するためピンクラット等と呼びます。ラットは大きいので、ピンクラットでマウスのファジーかホッパー位のサイズがあります
匂いが違うので餌付けに使ったりできるようです。
最近は生きているものも売っているので自家繁殖して与える人もいるようですが、生きているのを与えると冷凍は食べなくなるようです。
長男や次男ですと鶏を丸々あげなければならないようです。
ジャイマスならウズラまでかな?って言ってました。
他にも、カエル、ザリガニ、ドジョウ、タニシと色々あるので、ただコアカは毒素があるので沢山はあげないほうが良いみたいですね。

ああ、羨ましいジャイマス様
Commented by 元老院(改) at 2015-12-28 23:07 x
追伸

そうそう、甲羅を計るときは文房具屋で売っているカッターを使うときに使う下敷きで方眼紙のマスがあるやつの上にジャイマスを乗せて上から写真を連写で撮ると良いとアドバイスいただきました。

もちろん噛み付かれ無いようにするのが、一番の目的ですが、動きが素早いのと力が強いので落下対策にもなると言ってました。
定規やノギスは、かじられて計測が困難だそうです。
実はそれを教えてもらい私も下敷き(白地に黒の方眼紙B4サイズ)を買いました。
すごい楽、甲羅の大きさだけでなく頭から尻尾まで計測簡単(笑)

まぁ何かの参考になれば
Commented by karinkarin610 at 2015-12-29 09:23
元老院さん

タカです。

貴重な情報ありがとうございます。
現在ピンクマウスを爆食してグングン成長してます。

なるほど、小さい頃にピンクマウスや生き餌を与えると大人になってから何かが違ってくるのですね。
うちの子はタイミング的に恵まれてます。
知らなければずっとハツとかでした。

その方眼紙タイプの下敷き、いいですね!
最近ジーベンロックの計測に手をこまねいてましたから^^;
ありがとうございます。
Commented by 元老院(改) at 2015-12-29 10:34 x
私も詳しい事は、わからないので何とも言えませんがボコ甲羅という甲羅になる可能性が大きいそうです。
飼い主にとってはそれも個性て良いと言っていますが、どうなんだろう?
ただイケメン五人組は、出来れば幼少期にビタミンAや内蔵を接種してあげたほうが良いようです。

これも飼い主の嗜好になるので賛否両論なのですが、たしかに配合で慣れると楽ですし何しろ臭いやグロい思いをしなくて済みます。
しかし、ジャイマスの特徴や性格を本来のものにするのならピンクが良いようです。
他の亀さまも色揚げや目の輝き生殖機能の向上を望むならピンクは必要不可欠なようです。

タカ様がこのブログで、サイズアップを願っていたので店長に伺いましたら教えてくださいました。

何か、店長は体験か経験のものなのか、常に次を考えて教えて下さいます。
ジャイマスのオーナーのタカ様が計測時に怪我いや事故に遭わないために教えて下さいました。
想像にたがわないほどの、反射神経やスピードやパワーと更に亀さま独特の狩りの知能も目覚めるそうです。
例えば鳩や雀を狩る事もできるので、他の亀が近よると噛みついて死にいたらしめる大ケガをさせる事もあるそうです。
また、だいたい計測時にガブリとやられる事があるようです。かなり痛いようです。
なので皮手袋も用意したほうが良いそうです。

かまれる事より、かまれた事により飼い主が驚いて亀が落下して亀が傷つくことが多いそうです。

計測方法は、トロ船の中に方眼下敷きを入れて、その上にピンクマウス等の餌を入れて食べている間に上から写真を撮るというやり方です。

ある程度、大きくなると甲長も大切ですが、甲幅も重要になるし、甲羅の一片の配置やバランスも気になるようになるので、ぜひと言ってました。

水ガメはトロ舟に水をはっても計れるそうです。
そんな感じかな教えてくれたことをまとめると

ところで、うちのチビ達はピンクを食べてから夜中徹夜でバタバタやりやがって、元老院(改)とテラさんは寝不足です。(-_-#)イライラ
Commented by 元老院(改) at 2015-12-29 11:55 x
追伸

一応カッティングシートの写真も送りました。

休み明けに獣医さんに電話する予定です。
前は無かったのにここに来て特に
夜中にあーちゃんの歯ぎしりが、うるさくて(T-T)
Commented by karinkarin610 at 2015-12-29 13:54
元老院さん

タカです。

色々ありがとうございます。
飼育がさらに楽しくなります^^

写真もありがとうございます!