一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

なんでも食べる良い子達

2週間前くらいにジャイマスベビー用に沈下性ナマズ飼料を買いました。
しかし食べてはくれず、放置していました。
b0312992_13371690.jpeg
今日イシガメベビー達にエサを与える時にふとこのナマズ飼料を、と思いつき試しに与えてみましたら…
b0312992_13363956.jpeg
食べる食べる。めっちゃ食べます。

というか、この子達はなんでも食べてくれますね。

ナガクビガメ、マゲクビガメ、ニオイガメ、ハコガメ、チズガメと、これらのベビーを飼育してきましたが、それぞれに食べる食べないがありましたが、ニホンイシガメのCBベビーにはあまり選り好みするクセがなかったふうに思いますね。

とりあえず、今はジャイマスベビーがわがままで一番贅沢ですね。

【習性】【ベビー】

ブログ村のランキングに参加してます。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
[PR]
by karinkarin610 | 2015-12-18 13:40 | ニホンイシガメ | Comments(7)
Commented by 元老院(改) at 2015-12-18 18:49 x
タカ様

毎度、元老院(改)です。

成長のフライホイールが上手く回ったゼブラ様。

次の悩み(ステップ)は、ベアタンクと水槽の形式ですね。
ベアタンクは、徐々にレイアウト変更するとして、水槽の形式が悩み所。
場所があるなら大型水槽のみ。横幅があるなら横三層式(吸い込み層式)、高さがあるなら、ダブルサイフォンオーバーフロー方式。
元老院(改)的には、ダブルサイフォンオーバーフロー方式ですねぇ。何しろ応用が効くし場所を取らないし、安上がりで管理が楽。

ジャイマスの好きな方は大体ベアタンクでダブルサイフォンオーバーフロー方式みたいですね。

写真のジャイマス様も生き生きしている。

凄い人は、雨樋から雨水を取り池に流し込み金魚等の一時ろ過を経て水槽にボンプアップオーバーフローを経てろ過そして池に戻す何て言うのも、こうなると水族館顔負けですね。

でもいくら応用が効くといってもダブルサイフォンオーバーフロー方式の本来の良さがなくなってしまいますよね。

元老院(改)は基本的にベアタンクが好きなので昔、色々勉強しましたし設計図なんかも描いて夢を膨らませてました。
ジャイマス。五人組の中でも伊達男で歌舞伎者羨ましい限りです。

もう少しすれば威嚇(よく写真なんかである手で持ちながらも口を開けてる様)を見る事ができそうですね。

あーあー!!羨ましいよーーーー!!(ToT)

将来ダブルサイフォンオーバーフロー方式にするのでしたら、微弱ながら多少アドバイスできるかもです。材料はペットショップで買わず管財屋で揃える方が断然安上がりで、良いものが手に入ります。
破壊出来ない硬質ライニング鋼管というのもありますし、外はHIVP管というものもあります。

妄想でワニガメを飼うと想定して色々考えた思い出があります。

その中で、勉強になったことも沢山あります。

例えば、夜は循環を止めるか出力を下げる必要があるとか。

すいません、長々、独り言みたいになってしまいました。

ジャイマス楽しみですねぇ。ワニガメの次に好きなイケメン五人組です。
一度だけ静岡の水族館で見た事があります。

ボンボン様やブロミー様も、親分が出来て良かったですねぇ
Commented by karinkarin610 at 2015-12-19 12:10
元老院さん

タカです。

ダブルサイフォンとか全く無知なんでそれがどんか原理かすらわかりません^^;

サイフォンって言ったら石油のシュポシュポくらいしか思いつきません(笑)

でも将来的には150センチクラスの水槽を考えてますので、その水量を回すだけのポンプやシステムも考える時が来ると思います。

その時は是非宜しくお願いします。

最近ジャイマスで頭がいっぱいで、ブリードまで考え始める始末です^^;

もともと絵を描く為のアトリエも作りたかったので広い飼育場とアトリエと生活スペースを合体させたような場所に引っ越すつもりです。

もう普通のマンションやアパートでは無理な話になってきてます^^;
Commented by 元老院(改) at 2015-12-19 16:39 x
タカ様

水は生き物です。

水を制すものは、ウォーターズを制すと古代からの言い伝えもあります。(嘘)

いやいや、水族館のポンプアップの手伝いをした時に勉強したものです。

水はその重さから床を補強しなければならないのですが、分散すれば重さもかからず、循環すれば掃除も楽と、昔の人はいろいろ知恵を持って考え出されたものです。

引っ越すなら地下水がマストです。

いくら使っても8立米の水道代しかかからないしと言ってたのを思い出しました。

しかし、そうなるとphやミネラル、不純物とかを管理することになりそうですね。

でも、そうとう楽になるようですよ?さまざまな面で

話は変わりますが、久々のあ~ちゃんの話題ですが、あ~ちゃんの台座のカメボーンを洗っている最中に真っ二つ、ドリルで穴を開けてヨウジを刺してご飯粒で接着したのですが、接着が取れて真っ二つ、また水槽の端っこに行って引き込もってしまいました。
100円ショップや無印、ホームセンターに行き似たような形の台座や丈夫で乗り安い台座を買いましたが、見向きもしませんし、ガラクタの山状態。

仕方なくカメボーンを買いヤスリでゴリゴリ。

心無しかガッチャンも心配そうに見てます。

しかーし!!親の心子知らずMAXがまた炸裂しました。

自ら台座を見つけました。

それは・・・。

シェルターの上です。

しかし、謎なのは、どうやって登ったかです。
こころなしか、安らぎの表情をしているのが、腹立たしい(汗)

更に驚いて右往左往しているのは、コオロギ。
コオロギの唯一の安全地帯でしたから。

ショップで、うんきゅうがめがマングローブの上に手を引っ掛け寝てたのを思い出しました。

・・・!!?

そーいえば、あ~ちゃん?どーやって下りるの??

今日一日中、シェルターの上だよね?

ちなみにガッチャンは、最近、自分は二足歩行できると思っているのか、チンチンみたいな格好を時々します。

お山の大将のあ~ちゃんの記念写真撮りましたので、今度はソフバンのアドレスでなく、エキサイトのアドレスに送ってみます。
Commented by karinkarin610 at 2015-12-20 14:50
元老院さん

タカです。

写真ありがとうございます!
見れました^^

あーちゃん、可愛いですね。
シェルターの頂上でドヤってますね(笑)

無事に下山できましたか?

ガッちゃんもつかまり立ちですか?

みんな、なかなかの芸達者ですね。
Commented by 元老院(改) at 2015-12-20 16:25 x
タカ様

いつも思うのですが、タカ様に身入れする生体は、ゼブラ様にしかり、カリン君にしかり、すこぶる程度の良いものですね。

タカ様がベイビーの頃の写真を掲載していただく時にいつも思うのです。多分100%のベイビーですね。

それに、これはタカ様の手腕だと思うのですが成長過程ですこぶる性格の良い可愛いく育つこれは、飼い主(親)のなせる技です。

うちは、みんな性格がやさくれてます。

あ~ちゃん、降りました降りたというより滑り降りた感じです。
壇之浦の合戦です。

餌皿を入れたら、まっしぐら!!
水槽の隅の引きこもりがすでに、懐かしい思い出に。
いま、手元にあるのは大人買いしたガラクタです。

(´Д`)
Commented by karinkarin610 at 2015-12-20 22:18
元老院さん

タカです。

いえ、そんなことはないです^^;
うちにもヤサグレはいますから^^;

あーちゃん、無事に下山しましたね。

また再度登山するのでしょうか。

ボンボンなんかは昔、1度脱走した経路を記憶してしまうクセがありましたが。

大人買いしたガラクタがいつか役立つ時が来るとよいですね(^_^)
Commented by 元老院(改) at 2015-12-21 12:58 x
タカ様

あ~ちゃん登りました。

その姿も見ました。フリークライミングですね。

よくまあ、あんな経路を見つけて爪がかり良い隙間に手をかけるなぁと感心しました。

というか、かなりのお気に入りで、今日はさらにアンバランスな所にいて手足を甲羅に収めて頭と尻尾だけ出してました。

もう定位置化してます。ある意味カメボーン台座の卒業の時だったのかもしれませんね。

そして今は鉛直角の調整をしているのかもしれません。だとすると、これから甲高が増しますね。

台座の効能も海外の文献で色々わかったのですが、バランスだけでなく腹甲の成長にも必要なようですね。そして、色々な形のものを入れるのが良いとされているようです。
一説によると虫除け効果もあると言うのもありました。
これもよく考えればわかることなのですが、石の下には団子虫やミミズ、カビやヤスデやアリ等の居住スペースになります。

それにカメ様はカルシウムの固まり、腹甲はかじられたり、寄生される可能性が高い。

本当に海外の本は様々な見解があって面白い

ガラクタも台座の変化としてときどき入れてみようと思います。

あ~ちゃんは、クールなので変化が起こると目立ちます。

前のカメボーンの台座は接着部分の違和感に気づいたようで、その部分をかじったあとがあります。

あ~ちゃんの特徴は、大食漢だけでしたが、これから色々個性が出そうです。

ボンボン様は、ヤンチャだけど、隔離してタカ様の側に置いたら大人しくなり脱走しなくなった時の事は今でも記憶に新しいです。

うちも夜は暗く静かなほうが良いと思い、タオルを掛けたり遮光カーテンを掛けたりしても、結局三人とも小さな隙間からこっちを覗きに来ます。

それを塞ぐと、暴れます。←この辺が恐竜ですね。(笑)