一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

イシガメ 冬眠開始

タカです。

ベランダ飼育のイシガメ達が今日から冬眠に入りました。
b0312992_13394140.jpeg
今朝は最低気温が1度でした。

とりあえずみんな状態は大丈夫そうです。

また5ヶ月ほどおやすみなさい。

【冬眠】




にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
[PR]
by karinkarin610 | 2015-12-09 13:51 | ニホンイシガメ | Comments(10)
Commented by 元老院(改) at 2015-12-09 15:35 x
タカ様

今日、朝、ガッちゃんのケージの中のクリケットの手足が水に浮いていました。
5匹のクリケットが確認できるだけで2匹。

もしかしたら、やっとクリケットの狩を憶えたのかも。。。

小松菜のところにも手足が・・・

そして、な、なんとガッちゃんもクリケットも大好物のクリルの切れ端が、ガッちゃんの餌皿に・・・。

あの餌は、全部残さず綺麗に食べてしまうガッちゃんの餌皿に・・・

あまり目の良くないガッちゃんはクリケットに馬鹿にされているのか、頭の上や甲羅にも平気で乗ります。

まさか、居飛車戦法(待ち伏せ、罠)を得とくするとは。。。

振り飛車いっぺんとうのあのガッちゃんが・・・。

(ノ_-;)ハア…

クリケット買いに行かないと・・・

ここ最近クリケットにチャレンジしてダメだったらやめようと思ってたのですが、全員制覇しました。

まぁ、テラさんの狩の本能を鍛えることと、一緒に入れている野菜の消費に、クリケットを入れたのですが・・・。

一度、居飛車戦法を覚えると早いですね。

いままで、ずーとガッちゃんの水槽には5匹のクリケットがいて、クリケットも成長して大きくなったのに、もう今日は2匹しかいません。

そして、ガッちゃんはシェルターの中でなく小松菜の陰で待ち伏せしてます。
Commented by karinkarin610 at 2015-12-09 22:19
元老院さん

タカです。

ついにハンティングできましたか。
カメが捕食するにはコオロギは動きが速いですから、
うちでは半〆してあたえてます。

待ち伏せなんて、マタマタやワニガメみたいですね。
Commented by 元老院(改) at 2015-12-09 22:41 x
有名な戦士の言葉に

「一番、隙が出来るのは、獲物を狙っている時」というのが、あります。

あと、シートン動物記でも自分の足跡を、囮にして狩人を襲う熊の話も有名です。

半〆も考えたのですが、野菜を入れていて、カメ達の残りの餌を食べて大きくなるコオロギ時間がかかってもいい、どうにかして狩りを成功してほしい。

なんとか自分の力でと(汗)

それに、あーちゃんが容易く捕まえているし、がっちゃんのプライドもって思ってわざとそのまま与えました。

それと、テラさんの影響が大きいかな?

われわれから見れば待ち伏せは簡単と思うかもしれませんが、気配を消す事は容易くありませんね。

呼吸を止めず(呼吸を、止めると逆に気づかれる)物と一体化して空気の流れを読む。

まぁ、小松菜やチンゲン菜という罠を与えているからハンティングも楽なのですが(笑)

テラさんなんか、獲物を狙いつつも周りに神経をすましてます。(ジャイミルを除く)

でも、タカ様のコアカさんに対する気持ちなんとなくわかりました。
Commented by karinkarin610 at 2015-12-09 23:56
元老院さん

タカです。

狩りは奥が深いですね。
気を消す…なんか武術みたいです。

シメは切腹で言う介錯のような…。
なんとなくそうしてあげたいなと思いまして^^;
Commented by 元老院(改) at 2015-12-10 05:28 x
日本人は、養殖や農耕には長けてますが、ひときわ狩りには鈍感な様です。

それは、敗戦国ということと、教育の問題ですね。
つまり、狩り=戦争 という考え方があるからかも

ひとつ面白い話が

夏場、蚊が腕にとまったり壁にとまったときに仕留める方法。

1.呼吸を止めない。

2.じっとしない。(特に体にとまったとき)

3.体温や脈拍を変えない。

4.喋り続ける。

5.かまえない。

です。

これは、狩りの大原則です。

呼吸を止めて、じっとする。

一見、良さそうに感じますが、昆虫や動物は気配を感じる生き物、ましてや二酸化炭素に集まる蚊などは、呼吸を止めた時点で危険を察知します。

見えている相手には、気配を消す=存在を気づいていないふりをする。

相手の裏をかくこと、動物達は本能でそれができるんですよねぇ

人間、特に日本人はその部分が世界的に劣っているようですね。

あっ、そうそうテラさん、もしかしたらWCからCRに出世したかも(笑)

CR・・・Captive Raised 元はWCですが飼い込んだりトリートメントなどをして立ち上げた物を言います。区分はあいまいなんですが、駆虫などのトリートメントをした、という意味合いで使っている人もいます。長期間飼い込まれたWC個体はLTC(Long term Captive)と呼ばれる事もあります。

さて、二度寝します。(。-ω-)zzz
Commented by Linyaxiang2015 at 2015-12-10 22:13
元老院さん

タカです。

なるほど、そうなんですね。

狩りは奥が深いんですね。

CBとかWCとかは良く聞きますが、CRやLTCはあまり聞きませんね。

いろんな言い方があるんですね。
Commented by 元老院(改) at 2015-12-11 00:30 x
基本的にはCBとWCの二つなのですが、その中でも細分化されているようです。

サイトにあったのを貼っておきます。
特に知らなくても良い事ですが、いざ飼い始めたときの状態判断の参考資料になると思います。

CB・・・Captive Bred 飼育下繁殖個体です。持ち腹は基本的に含まない場合が多いですね。単にキャプティヴ、なんて呼ぶこともあります。breedではなく受動態のため、過去形のbredが正解です。

CR・・・Captive Raised 元はWCですが飼い込んだりトリートメントなどをして立ち上げた物を言います。区分はあいまいなんですが、駆虫などのトリートメントをした、という意味合いで使っている人もいます。長期間飼い込まれたWC個体はLTC(Long term Captive)と呼ばれる事もあります。

WC・・・Wild Caught 野生で捕まえた物をそのまま持ってきたい個体です。すさまじく悪い状態の物がいたり、パラサイトを持っていたりと飼育が難しい場合が多いです。

WD・・・Wildの略です。WCとほぼ同じ意味ですがどちらかというと熱帯魚コミュニティで使われている言葉の気がします。

CH・・・Captive Hatchedの略です。持ち腹個体を飼育下で産ませた物をいいます。CBと区別しない場合もあります。

FH・・・Farm Hatchedの略です。生息地に作られたストック用のファームで繁殖された個体です。環境によってはWCとあまり変わらなかったりCBのように状態のいい個体もいます。ファームCBやCF(Captive Farmed)なんて呼ばれる事もあります。

WCとCBのたった二種類で個体の生い立ちや状況を判断や診断できないのでは?と思い調べました。
もちろんテラさん対策です。

でもまぁ、今ではWCで培ったDNAは持つものの、WC特有のトゲトゲしさや頑固さも多少トリートメントできたみたいなので(笑)
まっ、付かず離れず、ある程度の距離を保てばWCも良いもんです。(笑)
Commented by karinkarin610 at 2015-12-11 15:57
元老院さん

タカです。

情報ありがとうございます。

色々あるんですね。
Commented by 元老院(改) at 2015-12-12 13:41 x
自分的には、SA(ザバイバルアウェイ)やSC(サバイバルコウト)みたいなのを探していたんですが(笑)

内容としては、生息地とは全く異なる厳しい環境で天敵(タヌキ、ハクビシン、トンビ、カラス、ネコ)などから、身体の一部を失っても生き残り、その過酷さ故に甲羅が傷付き、表情まで変わりはて本来生まれながらに持つ性格も180度変わってしまい、その戦場とも言える環境に順応した個体。
それは、生体の持つ生きたい、活きたいという本能からでなく、死にたくないという願望からなので、非常に臆病で、やさくれた性格の個体が多い。
そして何度も死の淵から、自ら這い上がってきたので、並々ならぬ抵抗力を身に付けている。
基本的には、夜行性。
特に台風や嵐の日の夜を好む。
昼間はシェルターが無いと休息しない、シェルターの中でも、うなされる事もある。
生息地とは異なる厳しい環境化で生き残ったため、そのDNAも書き換えられた可能性もあり種類的にどこにも属さず、進化、若しくは先祖帰りしている場合もあり。

こういうのがあれば、テラさんなので扱い方を紐解く鍵がみつかるかな?って思ったのですが残念無かったです。(笑)
Commented by karinkarin610 at 2015-12-12 22:04
元老院さん

タカです。

なんかランボーのようですね、テラ。

むかし、デイジーポイントさんで、
両手が無く、背中には長い藻がついたオスのイシガメを見たことがあります。

致命的な怪我や病気をしても生き残った個体はなんかオーラを感じますね。