一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

ブレない心

ヒメニオイガメのボンボン様の水槽には一匹の金魚が同居しています。
b0312992_14380075.jpeg
もちろん飼育部屋で一番の暴れん坊なカメでありますからこの金魚を常に襲ってきました。

しかしその攻撃は一度もかすることさえなく2年間が過ぎ、

始めは3㎝だった小さな金魚はいつの間にか8㎝に成長する有様。

しかし今日も果敢にアタックし、信念はブレることはありません。

これでこそボンボン様だと思いました^^;



にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
[PR]
by karinkarin610 | 2015-11-30 14:39 | オオアタマ姫ニオイガメ | Comments(4)
Commented by 元老院(改) at 2015-12-01 12:52 x
タカ様

さすが、戦闘部族ですね。もしかしたら遊んでいるだけかも?狩りの本能を刺激しながら。(笑)

先日、片付けをしていたら、ガッチャンとあーちゃんの、乳鉢と割り箸と小さなスプーンが出てきました。

懐かしい。

最初は小さいので配合を乳鉢ですりつぶして、そこに煮干しやカンシャを入れてさらにすりつぶして、そこに水を入れて練り餌さ状態であげてました。

あーちゃんはスプーンでも首をひねって上手に食べるのですが、ガッチャンはがぶりとやるので、やわらかい割り箸であげてました。
ガッチャンは割り箸ごとかじるので、割り箸は歯形みたいなのでボロボロです。(笑)

ガッチャンは、割り箸をかじると手足がピーンと伸びて離さなくるので、面白かった記憶が(笑)

あと、面白いことにレプトミンとカメプロスを混ぜて乳鉢で擂り潰すと変わった匂いになるせいか、二人とも食べません、これらは単体が良いようです。

あと、大きくなると混ぜるというより、フリカケみたいにかけるほうが、食欲がわくようです。

大きくなると擂り潰すよりある程度歯応えのあるほうが良いようで刻んだハツに混ぜる程度で良いようです。そして生き餌の味をおぼえ、今じゃすっかり乳鉢を使う事は無くなりました。

なんだか懐かしいような、さみしいような・・・。

しかし!!

テラさんは大きな餌をかじるのが好きなようで、配合をすりつぶして、大きく丸めて練り餌さみたいのにかぶりつきました。

もう、テラさんはドッグフード位の大きさのほうが、良いのかも(笑)

食べ物の好みは、難しい。

テラさんはイチゴに関して、とちおとめは絶対に食べません。
あまおうは、大好きです。

最近は、野菜を良く食べますね。
Commented by karinkarin610 at 2015-12-01 15:22
元老院さん

タカです。

うちもカリンには手がかかりましたね。
配合混ぜの肉のミンチなどよく作りました。

アーちゃんもガッちゃんも甲長はどれくらいあるんですか?
Commented by 元老院(改) at 2015-12-01 20:33 x
タカ様

双方とも6センチ位ですね。

二人ともノギスが大嫌いなので正確にはわかりませんが、ガッチャンは、ボンボン様やブロミー様みたいに立って寝る事もあるので、正確です。甲高は両者とも三センチ位でが、ガッチャンは何だか甲羅が白っぽくなってきました。何か栄養素が足りないのかな?

手がかからないのは、助かりますが手がかかってた時の懐かしさや寂しさも有りますね。

タカ様は、マルブラザースやゼブラ様が小さいので大変かもしれまそんが(笑)

あっ、そうそう。

いびつな石の上にバランスを取りながら乗るのは、腹甲を乾かすという説もあるようです。確かに腹甲を乾かすのは裏返しになる他は、立て掛けるか脱ぐか、いびつな岩の上で風通しの良い所で隙間を作るかしか無いですからね。
Commented by karinkarin610 at 2015-12-02 08:07
元老院さん

タカです。

アーちゃんもガッちゃんもかなり成長してきてるんですね。
ガッちゃんの白っぽいのは地色ではなく白化してるかんじなんですかね。

腹甲を乾かすにも色々手段があるんですね。

カメって本当に頭いいです。