一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

初水場 初給餌

ニホンイシガメ、2クラッチ目のベビーを本日水場デビューさせ初給餌をしました。

まず水場に。
b0312992_13265003.jpg
1番下の子は1クラッチ目の子です。


とにかく元気が良いです。
b0312992_13263227.jpg
b0312992_13264081.jpg

少し水場で様子を見た後は、初のエサです。
b0312992_13265948.jpg
エサは軽く湯通しした鶏レバーと、
そのあとにレプトミンもあげました。

見た感じみんな食べてくれた様です。


そして下の写真の環境で1日の大半を過ごしてもらいます。
b0312992_13272177.jpg
b0312992_13273772.jpg

もうすぐ気温もぐっと下がってきます。
今年も飼育部屋はオイルヒーターで部屋丸ごと加温します。

野生下で孵化した子亀達はすぐに過酷な越冬がまっているのですよね。

この自然界の流れはどんな意味があるのでしょうね。

【ベビー】【環境】【エサ】


ブログ村ランキングに参加してます。
よかったら下のバナーをクリしてください。


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
[PR]
by karinkarin610 | 2015-09-05 13:33 | ニホンイシガメ | Comments(2)
Commented by 元老院(改) at 2015-09-05 16:10 x
タカ様

ちびちゃん達、可愛いですね。羨ましいです。

でも、なんか最初のクラッチの子は馴染めてないように見えるのは元老院(改)だけでしょうか?

自然界は大きいので早く適応能力を身に付けるか、適応環境を見つけるか、知恵をみにつけるか。

その昔、人間は絶滅危惧種だったと聞きます。

そこを知恵に救われ、今では知恵に滅ぼされそうにまでなってます。

生物学者のなかには、自然は偉大な殺し屋という人もいます。

鳥の世界では、卵を他の親に育てさせその種は他の卵を落としてしまう種もあるようです。

しかしながら、同時に生まれたら場合によって仲良く育つ事もある。
自然は不思議ですね。

最初のクラッチの子、元気に育ってほしいです。

さて、話は変わって少し遅めの夏休みの元老院(改)でふ。笑

しごとで、ミラーアクリルが手に入ったのでテラさん達の日常を観察しようと思いました。

面白い!!実に面白い!!

沢山歩くからバーくチップの道ができてたのかと思ったら違うのです。

テラさんひとつひとつ、くわえて運んでいるのです。

それもなんだか楽しそうに(笑)

そんで、お気に入りの流木の隙間に敷き詰めています。

ある程度出来上がったらその上に乗りプルプル尻尾を犬みたいに振ってます。

いままで、仕事から戻るとそれを全部ならして平らにしてた元老院(改)っていったい・・・。

それを知ってか知らずか、テラさん食後に元老院(改)が手を入れると口の周りを元老院(改)の手になすりつけて拭くのです。(涙)

これからは、むやみにならさないようにしようかな

チビ達はあいかわらず、食う寝る遊ぶです。
Commented by karinkarin610 at 2015-09-06 08:01
元老院さん

タカです。

子亀達、無邪気で可愛いですよ。


テラはバークチップを流木の隙間に詰め込んでどうしたかったのですかね^^;

ミラーアクリル、面白そうですね。
実際に飼育者が目の前に居ない時のカメ達の行動ってどんなだか知るのには絶好のアイテムですよね。