一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

セマル画 制作記録②

現在セマルハコガメの標本画を描いています。

セマルは背甲の年輪が特に際立っている種と思います。

例えばヒョウモンリクガメやアカアシガメの様な洗濯板の様な細かい年輪に近く、それを如何に強く出せるか?を課題にやっています。

下はセマルの下地段階の背甲の年輪の凹凸を絵の具の「盛り上げ」でモデリングした写真です。
b0312992_11440383.jpg


光を反射させて見ると凹凸の出来具合を確認できますが、まあまあ良くいってます。
b0312992_11442073.jpg


色は薄い黄色ですが、この上に黒に近い小豆色を乗せて行きますがこの色を乗せても年輪の凹凸が出ていれば成功です。



足にもモデリングを施してウロコの感じを出そうとしています。
b0312992_11444284.jpg


ブログ村ランキングに参加してます。
よかったら下のバナーをクリしてください。


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
[PR]
by karinkarin610 | 2015-08-08 11:46 | カメの絵 | Comments(2)
Commented by 元老院(改) at 2015-08-08 21:13 x
タカ様

セマルハコガメ楽しみにしています。

セマルハコガメというとペットショップにいた子を思い出します。

店長になついていて、一匹だけ水槽の中でじっとしていた。

私にもなついてくれて(涙)

今頃、どこでなにしているのか?元気でいるのか?
スッポンモドキとともにノスタルジーに浸ってしまいます。
Commented by karinkarin610 at 2015-08-09 15:54
元老院さん

タカです。

セマルは順調に仕上がってます^^
ミツユビは秋以降に再開します。

そのペットショップのセマルの話し覚えてますよ。

もう居ないのですか。

昔あるショップのサイトで奇形に近い激しい甲ズレのニシキマゲクビガメが500円で販売されてました。

背甲はガタガタでおまけに右目が無かったんです。

一瞬悩みました。

この子はこんなふうに売られて幸せに飼われるのか?

心の中で「自分で買ってしまおう」「いや、育てられるのか?」などと葛藤して、毎日その子のリストをネットでチェックしてました。

しかし、ある時「sold」の文字が。

その時、どんな人に買われていったのか心配になりました。
けど、自分はただ見てるだけで躊躇してたのであとから考えれば偽善だと思いましたね。

ですが、たまたま、本当にたまたまあるカメ飼いさんのブログでそのニシキマゲクビガメを発見し、大切に飼われてる姿、そして、片目が見えないのにしっかりエサを食べさせてもらってる姿を見れて、涙がでそうでした。

動物って、食べてる姿が一番可愛くて、でもその姿の裏側に言葉では表現できない切なさを感じるんです。