一緒にくらしているカメ達の飼育日記と標本画の制作の記録です。

by タカ

ヒメニオイガメ 製作中

タカです。

2年前の夏にキタクロコブチズガメのピクルスが甲羅の感染症にかかりました。

その時に都内のある爬虫類クリニックにお世話になりました。

そのクリニックの受付カウンターには40cmのオールガラス水槽が置いてあり、そこで一頭のオオアタマヒメニオイガメが飼育されていました。

動きやしぐさがユーモアすぎました。

その数ヶ月後に名古屋のペポニさんから通販でオオアタマヒメニオイガメを買いました。

そんなわけでうちには今2頭います。
b0312992_15075131.jpg
ブロミーボンボン

毎日毎日見ていても飽きることのないカメです。

そんなオオアタマヒメニオイガメの標本画を描いています。
b0312992_15080545.jpg
なんとなくキウイフルーツの様な背甲とウツボの様な頭部、透き通ったコンニャクの様な手足、黒と金の二重まるの目、全てが可愛いです。

かなりスムーズにサクサクと製作中です^_^


ブログ村ランキングに参加してます。
よかったらに下のバナーをクリックしてください。


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
[PR]
by karinkarin610 | 2014-10-29 15:17 | カメの絵 | Comments(2)
Commented by Faberge at 2014-10-29 22:15 x
ニオイガメやドロガメは愛嬌があっていいですよね。
気軽に触ると咬まれるのが難点ですけど。

大きさも程よく飼いやすいのも魅力ですね。
その魅力が存分に伝わる標本画が完成するのを
楽しみにしてます。
Commented by karinkarin610 at 2014-10-30 17:50
Fabergeさん

タカです。

ありがとうございます。
ニオイガメ、ドロガメは本当に何とも言えない可愛さがありますよね。

ヒメニオイガメが完成したら、
カブト→サルビン→ジャイマス、と描いていきたいです。
ニオイガメのこの流れは平均甲長サイズの区切りが10→15→20→30とすばらしいバランスですよね。